リバーシブル三角エコバッグ

長方形の布を折りたたんで縫っていきます。風呂敷で作っても。折りたたんでクルクル丸めるとコンパクトに収納できます。

【かかる時間目安】 1時間~3時間でつくれる

 表布(32×92cm) 1 枚
 中布(32×92cm) 1 枚
 接着芯(10×10cm)2 枚 (ボタンホールを作る場合のみ)
(株)フジックス 縫い糸(シャッペスパン) 
 くるみ釦セット 2 セット
 くるみ釦用布(10×10cm) 2 枚
 綿テープ(幅0.8 ~ 1.0cm×40 2 本
 ミシン 

1

表布、中布に端から 1cm の出来上がり線と、図のように折り位置のしるしを4 ヶ所つけておく。

2

表布を図のようにしるしの位置で折り、縫う。縫いはじめと縫い終わりは返し縫いをする。

3

②の表布を図のように中表に折り、縫う。真ん中の表布を縫いこまないように注意する

4

【アレンジ】
まちを作る場合はここで作っておく。

5

縫っていない角をつまんで持ち上げ、そのまま中表に合わせて整える。縫い代は下側に倒しておく。中布も同様に縫う。

6

【ボタンホールを作る場合】
中布の持ち手部分にアイロンで接着芯を貼り補強しておく。

7

表布と中布を中表に合わせる。図のように表布と中布の間に綿テープを挟んでおく。

8

返し口を残して持ち手の部分を縫い合わせる。縫い代が重なっているところはPDFの下図のように縫い代をよけて縫う。

9

返し口より表に返し、持ち手部分をぐるりと縫う。綿テープは縫いこまないように注意する。
綿テープの端は結んでほつれないようにしておく。

10

くるみボタンを作り、縫いつける。
(くるみボタンの作り方は個々のくるみボタンの説明書を参照ください。)
★持ち手の角からボタンの中心まで5cm

11

ボタンホールを作る。
(ボタンホールの縫い方は個々のミシンの取扱説明書を参照ください。)
★持ち手の角からボタンホールまで4cm

12

【アレンジ】
くるみボタン、ボタンホールを作らずに簡単に仕上げる場合は、図のように左右の持ち手を重ねて縫い合わせます。

リメぐるみ

親子パンダの巾着...

かんたんエコバッ...

リバーシブルナッ...