咲きおりでつくるカフェカーテン

外からの気持ちのいい風と陽射しをいっぱい部屋に入れて開放感を演出してみましょう。
ただの目隠しだけではない「咲きおり」でつくる透け感が素敵な、リボンやウッドビーズがアクセントのカフェカーテンです。

【かかる時間目安】 3時間~6時間でつくれる

 たて糸:麻糸 130g(長さ190cm× 
 よこ糸:麻糸約90g 
 よこ糸:オーガンジーリボン幅1.3cm  1m×9本
 よこ糸:オーガンジーリボン幅1.3cm  1m×8本
 よこ糸:オーガンジーリボン幅1.3cm  1m×8本
クロバー(株) 手織り機「咲きおり」40cm(30羽ソウ 
クロバー(株) かぎ針ペン‐E 5/0号 
クロバー(株) ほつれストップ液(オーガンジーリボンのほ 
クロバー(株) 布補修ボンド 

1

たて糸は、麻糸を丈の長さ35cm(114本)に張ります。
よこ糸は、織り始めは麻糸で5~6cmの幅を織ります。それからクリーム色リボン2段をカフェカーテンの上部が輪になるように織り、次いで麻糸を12段織ります。その麻糸の織り端をくさり編みしてリボンのループに渡してカーテンポールを通すループを作ります(図2.ポール通しのループの作り方参照)。
続いて水色リボン、麻糸、ラベンダーのリボン、麻糸、クリーム色リボンと繰り返し、織り終わりは始めと同じように5~6cmの幅を織ります。

2

1.はしのたて糸にひき抜く

2.くさり12目

3.はしのたて糸とリボンにひき抜く

4.くさり12目

5.はしのたて糸にひき抜く

no-image

3

【仕上げ】
織り始めと終わりは、たて糸2本ずつを引き抜き編みで止めて、裏返して2本ずつを隣の引き抜き目の裏山に通します。すべてを通してからクロバー布補修ボンドで1cmくらい裏側に貼り付けて、乾いてから余分な部分を切り取ります。
クリーム色リボンの下になる部分は、引っ張って織り地を20%くらい縮めて結び、リボンの端を織り地に通して固定させリボン結びをします。
他は2本ずつ隣り合った同色のリボンにウッドビーズを通して、同様にリボン結びをします。

キャンパスバッグ

クラシカルバッグ

<LL>でつくる...

ポンポン