テープメーカーW(ダブル)で作る  メッシュワークのバッグ[リボン]

かんたんに熱接着の布テープがつくれるテープメーカーW(ダブル)で、メッシュワークのバッグを作ってみませんか?初チャレンジでもサイズが調節できるように、リネンを合わせたり、リボンを使ってサイドを結んだバッグです。好きな柄の生地でチャレンジして下さい!

no-image

1

布テープを作ります。布目の方向に50mm幅の布を6本×6種=36本(25mm幅用)と、黄色のリボンを35cmにカットしたものを6本と、紫色リボンを35cmにカットしたものを8本と、80cmにカットしたものを4本用意します。袋口用に紫色のリボンを35cmにカットしたものを1本用意します。

no-image

2

熱接着テープを作ります。テープメーカーW(ダブル)に布テープとキルト用熱接着テープをセットし、パッチワークこてやアイロンで接着します。リボンはそのまま裏面にキルト用熱接着テープを接着します。詳しくはテープメーカーWの説明書をご覧下さい。

no-image

3

テープを組みます。土台布の表地に水性チャコペンで、40cm×22cmのできあがり線と上下まっすぐの線から10度づつ傾いた基本線をテープを組む時の目安に引きます。マットの上に土台布を置き、(2)で作った熱接着テープを右下方向に、図の順で並べ待針で固定します。この時★に80cmの紫リボンが来るように調節します。次に交差する熱接着テープを1本すくい、1本表に出すを繰り返し、隙間が出来ないように目打で整えます。

no-image

4

横42cm×縦24cmの布が交差した面が作れたらメッシュワークを固定します。(3)で付けた水性チャコペンのしるしをとり、布にあて布をあて、テープを崩さないようにアイロンをあてます。長めに用意したリボン4本は避けて、できあがり線から0.5cm外側の横41cm×縦23cmのところで大きい針目でミシンをかけて固定し、横42cm×縦24cmにカットします。

no-image

5

表布裏布共に中表にし、両脇を1~3cmの縫いしろをとって、下図の台形の袋に仕立てます。この時も長めに用意したリボン4本はミシンをかけないでおきます。

no-image

6

まちをつくります。表布裏布共に、底の両脇の角にマチのしるしを付け、底の角を三角に折り、ぬいしろを割ってからマチを縫い、始めと終わりを返し縫いします。

no-image

7

表に返した表布と裏布を合わせます。表布裏布共に1cm中に折り込み、裏布→表布(メッ
シュワーク面)→○で用意したリボンのにの順に、メッシュワークの端が隠れるように、袋口を左図のようにリボンの上下にミシンをかけます。持ち手を付けてできあがりです。

キャンパスバッグ

クラシカルバッグ

<LL>でつくる...

ポンポン