がま口ポーチ

とても簡単にできるがま口ポーチです。一度ガマ口ポーチを作ってみたかったと思われる方はぜひチャレンジしてみてください!

【かかる時間目安】 1時間~3時間でつくれる

(株)フジックス シャッペスパン orシャッペスパン手縫糸
 表布・中布(15×21cm) 各1枚
 がま口金(幅7.5cm×高さ5.5cm) 1セット
 金属用ボンド 
 ペンチ 
 目打ち 
 ミシンor手縫い針 

1

まちを中表で図のようにふたつ折りし、両サイドを縫い合わせる。中布も同様にして縫い、表に返す。

2

中布を表布の中に入れて中表に縫い合わせる。その後返し口を残して入れ口を縫ったら、返し口から表に返し、返し口を縫う。

3

口金のサイズに合わせて紙ひもをカットし、入れ口の内側に縫い付ける。口金の溝に金属用ボンドを少しずつ入れ、つまようじ等で薄くまんべんなくのばす。

4

袋布の中心と口金の中心を合わせながら、紙ひものついた入れ口を目打ち等で押し込む。マイナスドライバー等でさらにしっかりと紙ひもを口金の奥に押し込む。

5

口金の端4箇所を傷がつかないように当て布をしてペンチで締めたらできあがり!
*表布の裏に接着芯を貼ると、かちっと形よくと仕上がりより完成度もアップします

制作者:hisapeejpさん
今回は可愛いユニコーンの布があったので、このユニコーン柄を生かしながらのがま口ポーチを作ってみました。ユニコーンの可愛らしさに合わせてレースも付け加えたかったので、口金をはめる前からレースは先に一緒にユニコーン柄に縫い付けておきました。こうすれば一度に口金に挟み込めるので一石二鳥。
がま口ポーチもあれから何回か作っているのですが、今回はユニコーン柄を中心にくるようにしながら口金をはめていくというのがかなり難しかったです。どうしても口金を付けることに一生懸命になり過ぎて、気づくとユニコーンが右に寄ってしまったり左に寄ってしまったりで、なかなか中心にこないのです。結局、中心部を先に定めて口金を挟み込み固定して、それから端と端も挟み込み…と何点か留めてしまってから少しずつ挟み込んでいくと良いことが分かりました。
布選びに寄ってはかなり苦労するものなのですね。

制作者:hisapeejpさん
丸い口金のがま口ポーチを何個か作っているので、今度は四角い口金でのがま口ポーチを作ってみることにしました。
今回は今までよりも凝って、布とレースもパッチワーク風にデザインしてみましたよ。
口金の形が変わっても同じがま口ポーチには変わらないんだから…とチャレンジしたわけですが、要略は同じ筈なのに私的には四角い口金は丸いのよりも更に難しかったです。
というのも、丸い口金はそのまま延長してるのでカーブに沿って挟み込めば良いわけですが、四角い口金は3つの辺に分かれてしまうので、布を角っこの口金にきちんと収めることに悪戦苦闘しました。
同じがま口ポーチでも口金の形が変わるだけで難易度が増すのですね。って、単に慣れてないから?
それでも、このレシピを1つ覚えるだけでいろんなレパートリーが広がって、まだまだ暫く楽しめそうです。

制作者:hisapeejpさん
がま口ポーチを作って持ち歩いていたら、お友達から作って欲しいという要望があったので作りました。
今回はスイーツの生地に先に刺繍を入れてのアレンジです。
流石に何個も作っているので、口金と生地の挟み込みも上手くなりました。キリ等、先の尖った道具で生地と紙紐を奥まで押し込んで、つかさずペンチで挟み込めばラクに出来ます。もう、これは数をこなして指で覚えていくしかないですね。最初は苦手でアタフタしてやっていた作業も随分手慣れたものとなりました。
同じレシピでも布やレース、刺繍なんかでもだいぶ雰囲気を変えることが出来るので楽しいですね。今度はビーズなんかも付けたりもしてみようなかなぁ?
欲しいと言っていたお友達も、これなら喜んでくれるんじゃないか?と今からプレゼントするのが楽しみです。

製作者:hisapeejpさん
がま口ポーチは前から可愛くて作ってみたかったので、作ってみました。途中までは簡単なのですが、口金を取り付けるのが結構難しかったです。紙紐とバンドを先に口金に入れて、それから袋布を入れてペンチで締めていくのですが、一箇所に気を取られていると他から袋布が出てきてしまって…の繰り返し。いつのまにか口金にバンドがついちゃうし大変でした。

またペンチで締めていく際に力の加減が分からず、力が平均になっていなかったようで口金が少々歪み気味に。次回は少しずつ様子を見ながらバランス良く力を加えて作成したいなと思います。

今回は初めてだったので、こんな感じですけど何回も作っていけばコツを掴んでもう少し上手く出来そうな気がします。リベンジするぞ!

製作者:seikoharuさん
今まで、このレシピとは違う方法でがま口ポーチを作ったことがありますが、このレシピの感想は、総合的にとても分かりやすかったです。

まず、マチのとり方が簡単で、布の裁断や縫製がとてもスムーズにできました。次に、紙紐を布に縫い付けるやり方は、布と紙紐を口金に押し込む作業が一度にできるので良かったです。紙紐を縫いつける手間はありますが、布と紙紐が取れてしまう心配がないと思いました。最後に、接着剤を付ける作業はやはり緊張しました。左右がずれたり、表から見て口金と布の隙間が開いたりしましたが、何度か手直しして納得できるものになりました。

ただ残念なのは、がま口を開けて内側の口金を見たとき、隙間から紙紐を縫い付けた糸が見えてしまうところです。次回がま口ポーチを作る時は気を付けたいと思いました。

製作者:hisapeejpさん
今回二つ目です。前回、初めて作って失敗ばかりで悔しかったのでリベンジしました。

2回目ともなると要領も分かってくるので一番最初よりはマシに作れるようになったと思います。やはりポイントは口金の付け方!前回は力の加減が分からず、いきなり力を加えて挟み込もうとした為に口金が歪んでしまいましたが、上手にはさむコツとしては少しずつバランスよく全体を見ながら力を加えること。先にポイント数カ所だけを挟み込んで留めて、後から全体をペンチで挟んでいけば中の紙紐がズレて出てくることもなく上手に作ることことが出来ました。

今回はもっと可愛くしたい為、予め生地にレースやリボンもつけて更に可愛くしてみました。コツが分かってくると作るのを楽しいですよ。

制作者:シラノさん
前から作ってみたかったがま口ポーチを作ってみました!ミシンを出さずに手縫いで作りました。思っていたよりずっと難しかったです。なんとか形にはなりましたが、綺麗に作るのはコツがいるみたいですね。
まず布選びに失敗したようで、柔らかくて縫いづらかったです。普通のコットンか何かにすれば良かったです。
また、口金に紙紐を入れ込むのに失敗し、はじっこがちょっとはみ出してしまいました。
それと、紙紐を入れ込むのに失敗したのか、縫っている間にズレてしまったのか、口金の横に穴があいてしまいました。
それでも、自分で使う分には問題ないので、指ぬきなどを入れて使いたいと思います。
もっと練習したら上手にできそうな気もするので、また作ってみたいです。

制作者:babachanさん
型紙をダウンロードしたのですが、型紙にのっている10㎝のメモリを実際に計ると9.7㎝しかありませんでした。出来上がるまでサイズがあってるのかドキドキしました。なので、できれば型紙だけではなく、サイズも表記して製図も乗っているとわかりやすいと思います。
がま口の口金にキレイにボンドを塗るのが案外、難しかったです。それと紐を縫い付けた布が口金になかなか入らなくて、布にもボンドがついて汚れてしまいました。
ポーチは思っていたより小さく、細かい作業なのでちょっとてこずってしまいました。
私は小物を作ったのは初めてなので少し時間がかかってしまいましたが、慣れている人なら簡単に作れると思います。
縫う所も少ないのでミシンではなく、手縫いでもできると思います。

制作者:yoyuryreさん
初めてがま口ポーチを作りました。裁縫が得意な方からがま口は大変なんだよねと話を伺ってはいたものの一度はやってみたいと思っていたのでこれを機会に挑戦してみました。
こちらを作るのに一度失敗をしてしまいました。型紙がわからず試行錯誤で作ってみましたが、がま口のサイズと布のサイズが合わず失敗。二度目はそれを参考に完成しました。袋の方は一度作れば二度目はあっという間に作ることができ、がま口にハメる作業に時間がかかるという感じでした。苦戦した所はノリがキレイに塗れず、結果近くで見られるようなものじゃないですが、慣れれば上手くできるそうだなぁとも思いました。がま口ポーチ自体はとても可愛い物なのでまた作ってみたいと思います。

制作者:BON-BONさん
ハンドメイド初心者です。
家に好きな作家さんのハギレがあったので作ってみました。手縫いで作業しましたが、縫う部分が少なかったのでそんなに時間もかからずにできました!
縫い目があまり綺麗ではなかったので心配でしたが、裏返してみれば特に問題なかったです。
接着芯はいれませんでしたが、中布にしっかりしたものを使ったので、しっかりとした仕上がりになりました。
一番難しかったのは紙紐を中に入れ込む作業で、ボンドがまんべんなくつかなかったり、はみ出たりして苦労しました。
あと、金具をペンチでしめるときに力加減がよくわからず、端が少しへこんでしまいました。
けれど、初心者のわりには仕上がりもよく、自分では大満足の出来になりました。
布の色や柄で雰囲気がガラリと変わりそうなので、また違った布を使ってつくってみたいです。

制作者:うちとしさん
がま口ポーチは難しそうですが、材料が100均でも揃うので意外と手軽に始められるんだなと思いました。
今回は幼稚園バッグの余り布のキルティング生地で作ったので接着芯は使いませんでしたが、どんな柄でもがま口なら可愛いし使いやすいのがいいですね。結局子供からおままごと用のお財布にしたい!と言ってくれたので、プレゼントすることにしました。
作っていて思ったのは、やはりがま口の溝に紙ひもと生地を差し込むのがなかなか難しい。これで固定されているのかな?とちょっと不安になりましたが、なんとか挟まってくれました。それと、差し込んでいるうちにがま口の中心がずれていってしまうので、これは慣れなのかなぁと思います。
また、がま口がモノによっては開きにくかったり、難かったりするので最初のうちに調整しておくのが良かったなと思うので、次作ることがあればこれも気を付けたいです。

リメぐるみ

親子パンダの巾着...

かんたんエコバッ...

リバーシブルナッ...