UVレジンの宇宙チャーム

セッティングにマニキュアで着色して、手軽に流行の宇宙チャームをつくります。

【かかる時間目安】 1日以上かかる

(株)パジコ UVレジン太陽の雫(ハードタイプ) 
(株)パジコ セッティング(シンプルスクエア) 
(株)パジコ 真鍮パーツ(宇宙) 
(株)パジコ 転写シール(7つの願い) 
 ボールチェーン 
 マニキュア 
 ネイル用ホログラム 
 ニッパー 
 はさみ 
 爪楊枝 
 UVライト 
 ピンセット 

1

セッティングにマニキュアを塗り、好みでホログラムを入れ、1日以上乾燥させます。

2

真鍮パーツの土星と月のカン(上の丸い穴の部分)をニッパーでカットしておきます。

3

転写シールの星を切り取っておきます。

4

UVレジンを薄く塗ります。気泡が入ったら、爪楊枝で取り除きます。

5

真鍮パーツや転写シールをバランスを見て乗せ、UVライトで30秒照射して仮留めします。

6

レジンを少し盛り上がるくらいまで入れ、UVライトで2分照射して硬化させます。ボールチェーンを付けます。

制作者:Aguringoさん
以前からレジンの宇宙チャームに興味があり、こちらの作り方を参考に作りました。
マニキュアは持っていたラメ入りの濃いブルーを使いました。一度塗っただけでは後ろのセッティングの色が見えてしまうので、二度塗りが必要でした。綺麗な宇宙の感じが出たと思います。今度は水色など数色使ってグラデーションにしてみたいです。
月のチャームがなかったので、二種類の星を使いました。また、ネイル用で買っていた小さなパールやストーンを散らばせて、宇宙感を出しました。
作り方は思ったよりも簡単だったのですが、気泡を取り除いたり、小さなパーツを扱うので、細かく丁寧な作業が必要でした。
次回はもう少し小さいセッティングを使い、ピアスなど作ってみたいと思います。

制作者:xxkokoxxさん
子供の自転車の鍵にキーホルダーが欲しいと言われ、宇宙好きなのでこちらを作成することにしまいた。材料は「星いっぱいがいい!」と言っていたので、宇宙らしい色合いと星のスパンコールをたくさん配置しました。マネキュアを塗ってから星を配置する時にうまく出来ず少し悪戦苦闘しましたが、重なっているのも奥行きがあって立体感が出たと思います。UVレジン液を入れるときに、空気が入ったみたいで小さな泡が所々に出来てしまい、焦りましたが、つまようじで空気の泡を軽くつつくと泡がなくなりホッとしました。

何回かに分けて薄くUVレジン液を入れましたが、そのたびに泡が出来ました。

最後にぷっくりするぐらいUVレンジ液を入れようと思ったのですが、あふれてしまいそうで、少し加減をしていたらぷっくり感が薄れてしまいました。

固まっているかどうかが気になって、何度か触ってしまったので、形が崩れている部分もありましたが、子供は自分だけのキーホルダーに大喜びしていて嬉しかったです。

製作者:tarushibaさん
流行りの宇宙柄を作れる、ということで作り方を参考に、アレンジを加えてみました。
ラメが好きなので、塗っているマニキュアをラメ入りのものに変更しました。
使用したのは3種類です。
ベースの紺色の小さいラメ入りのもの、水色と青色の大きめのラメ入りのものです。
ラメが星のように見えるかな、ということでサイズを変えてみました。
星形のネイルパーツを入れると、さらに可愛くできました。
UVレジン液を薄く引いてどんどん重ねることで立体感が出せたのではないかと思います。
レジン液を綺麗に盛るのが難しいですが、UVライトに当てなければ、自分が納得いくところまで挑戦できるので楽しいかったです。
UVレジン液が固まると、かなり固く、しっかりした作品になるので、完成した時の達成感が素晴らしかったです。
他にも、写真等を加工して、思い出の保護も兼ねて作品ができたらいいと思います。

製作者:hakunoshinさん
青色のマニキュアが何色かあったので、色々重ねて塗ってアレンジしてみました。土星の真鍮が無かったので、星の転写シートだけ使いました。難しいかなと思っていたけど、青色をバックにすることで宇宙感が簡単に出せて、作りやすかったです。
マニキュアを重ねて塗ったので、レシピより時間がかかってしまいました。
初心者でもとても簡単にできるので、楽しかったです。土星や月の真鍮が、あったほうがもっとレシピ通りにかわいくできたのかなと反省です。
レジン液をどれくらいのせればきれいにできるのかなと模索中です。薄くとありますが、縁と一緒くらいなのかちょっと盛るくらいがきれいなのか教えてほしいです。あと、気泡が逃げてなかなか上手く消えなかったのですがつまようじで気泡をとるコツはありますか?
思ってたより簡単にできたので、これから色々なレジン模様を作りたいと思いました。

制作者:acchitenchiさん
マニキュアは、深い紺色とホログラム入りの透明なものを使いました。どちらも速乾性のものだったので、乾燥の待ち時間は20~30分で済みました。転写シートも手元になく、手持ちのパーツを好みの配置で使用しました。マニキュアを塗ったときセッティングからはみ出てしまったので、除光液を綿棒にしみこませて拭き取りました。苦労したのはそれくらいで、あとはとても簡単に作業を進めることができました。
UVレジンはサラッとしたものを使ったので、4回ほど塗り重ねて硬化し、ぷっくりできました。
背景に濃い色を使うことで、宇宙パーツがとても際立ち、かわいいチャームに仕上がりました。今度は背景をグラデーションにしたり、色違いにしたり、色々アレンジして作ってみたいです。

スイーツデコ

フラワーとマカロ...

樹脂粘土とUVレ...

UVレジンのキャ...