クロバーぬい針「絆(きずな)」で縫う くつしたぬいぐるみ

婦人用くつしたの形を活かしてつくる、可愛いぬいぐるみ。
しるしをつけて、手ぬいでチクチク縫えば、あっという間にできあがります。
本体をぬうための、手ぬいの針と、顔をステッチする刺しゅう針を使用します。
デザイン/ 55pup(ゴーゴーパップ)

 お好みのくつした→婦人用のソックス(クル 
クロバー(株) ぬい針「絆(きずな)」普通地用 
クロバー(株) フランス刺しゅう針 
クロバー(株) シルク待針 
クロバー(株) デスクスレダー 

制作者:xxkokoxxさん
靴下で作るぬいぐるみは前から気になっていて、難しそうだなという理由で先延ばしをしていたのですが、わかりやすい型紙と簡単なパーツだったので、大好きうさぎのぬいぐるみを作ってみました。靴下の長さが短かったので、ずんぐりとした感じになったのですが、それがとってもかわいく仕上がったので大満足しています。
手縫いで簡単な縫い方で、テレビをみながらチクチク縫えるので隙間時間に作業しました。
完成には2日と言う短時間であっと言う間に出来ました。
途中、各パーツをつなげるところに膨らみがあって難しかったです。
目の部分や鼻のちょっとした形や位置で表情が変わるので、可愛い表情になるように配置するのが楽しかったです。思ったより難しくなかったので、次はこのうさちゃんの家族を作ってあげたいと思います。

制作者:marigold15さん
たまたまこちらのぬいぐるみのレシピを見つけ、ちょうど破れそうで捨てようと思っていた靴下があったので作ってみました。今まで小さいフェルトマスコットは作った事はあるのですが、ぬいぐるみ作りは初めてでした。型紙があるので縫う所は簡単に出来ましたが、わたをどの位入れたらいいのかが分かりませんでした。入れすぎると靴下が伸びてしまいわたがうっすら見えてしまって、調節するのが少し難しかったです。目や口はシールになっているフェルトで作ったので、貼るだけで簡単に出来ました。ちょうど口の部分が破れそうだったので、型紙とは口の形を変えて隠しました。3時間くらいで作れました。

作り始める前に子どもに靴下でぬいぐるみを作ると言ったら、臭そう…と嫌な顔をしていましたが、出来上がったものを見せたら、かわいい!と言って大事にしているぬいぐるみの仲間に入れてくれました。また破れそうな靴下があったら、お友達を増やしてあげようと思います。

制作者:mashiro58さん
買ったものの、一度しか履かないままタンスの肥やしになっていた靴下があったので、 猫さんを作りました。
お顔のパーツの配置を間違えたのか?猫というより小型犬っぽい顔になってますが、これはこれで可愛いからOK!
柄物の靴下とは違い、白無地ではちょっと寂しかったので、チークを付けて、フェルトの帽子もプレゼント。女の子になりました。
目は左右のフェルトの色を変えてオッドアイにしました。

この型紙おもしろいです。靴下のかかとの部分の丸みがそのまま、座ったお尻の形になっています。 
この丸みを使うことで、縫い合わせるパーツの数が少なくても座った形を出せるんですね!
ぬいぐるみとしてはシンプルで簡単なほうだと思いますが、ひたすら手縫いで縫い合わせていくので、半日かかりました。
手間をかけたぶん、より可愛いです!

2018年のご挨拶記事に使うために制作しました。
戌年だったため、犬にアレンジしました。
模様編みの靴下を使用したので、足元がかわいい感じになりました。
目鼻口の位置が難しく、かわいい顔にするため悩みましたが、なかなかかわいくできたのでよかったです。

制作者:moneneko2000さん
初めて靴下でぬいぐるみを作ってみました。靴下の形を上手く利用している型紙でよく考えられているなぁと感心しながらチクチク楽しく作ることが出来ました。
特に凄いと思ったのはかかと部分をお尻に利用するところでこれのおかげで縫う箇所がとても少ないのに立体感が出てちゃんと座ってくれるのがびっくりしました。
細かなパーツが多くて面倒くさそうと今までぬいぐるみを作ったことが無かったんですがこんなに簡単に出来るとは目からウロコです。
写真の物は履かない靴下をリサイクルして作ってみましたが柔らかな手触りがとても心地よいのでオーガニックコットンの新品の靴下と防ダニ加工のワタを使えば友人知人の赤ちゃんへのちょっとしたプレゼントに出来そうだなと思いました。
ただ、本体は30分ほどで簡単に完成しましたが顔の表情づくりに苦心しました。
見本どおりに作っているつもりなのに悪だくみ顔になってしまったり、猫のつもりがクマ風になってしまったりして手こずってしまいました。
初心者には目のパーツを切り出すのがちょっと大変なので市販の目玉パーツやボタンでも可愛くできるかな?と思います。
でもパーツの位置をちょっと移動するだけで可愛くなったりならなかったりと表情作りの奥深さを感じられてとても楽しかったです。

制作者:acchitenchiさん
赤ちゃん用の小さな靴下で作りました。手足、胴体が短くなったので、ぬいぐるみのお尻の膨らみにペレットは詰めず、直立方になるよう化繊綿をしっかり詰めています。
いつもはミシンで縫うことがおおいのですが、柔らかくて縫いやすい靴下の生地なので、半返し縫いもほとんど問題なくできました。化繊綿の入れ口はほつれやすいので、何回か返し縫いをすると扱いやすかったです。
目のパーツは形をしっかり出すために小さな布をぐし縫いし化繊綿をパンパンに詰めたのですが、これを絞って丸く形作るところが一番難しかったです。
手のひらサイズの小さなぬいぐるみだったので、長めの手縫い針ですべての行程を済ませることができました。今度キッズサイズ以上の大きさの靴下を使うときは、人形製作用の長い針を使ってみてもいいかなと思います。

キャンパスバッグ

クラシカルバッグ

<LL>でつくる...

ポンポン