スラッシュキルトのファブリックパネル

スラッシュキルトを布パネを使ってファブリックパネルに仕立てました。
スラッシュキルトにすることで立体感が生まれ、素敵なインテリアに仕上がります。
制作/パフェプロジェクト東京 山口美和・岡本さつき

①生地を4枚重ねます。サイズの大きいシーチング生地(A:42cm角、B:42×52cm)一番下にして土台布とし、
 その上に中心を合わせてその他のシーチング生地(A:32cm角、B:32×42cm)を2枚、一番上にキャンバス生地を重ねます。
②定規と水性チャコペンを使って8mm間隔で45°のバイアス線を引き、ミシンをかけます。
 ミシンは中央からかけ、かける方向を交互に変えるときれいに縫えます。
 縫い始めと縫い終わりに返し縫いは必要ありません。
③スラッシュカッターで土台布以外をカットします。全てカットしたら洗濯ネットに入れ、洗濯機で約20分洗って起毛させ、乾かします。起毛が甘いときは、さらに20分洗濯するか、生乾きのときにタワシで表面をこすります。
④布パネフレーム<30×30>に③を張ります。布パネの使い方(生地の張り方)は商品付属の説明書をご覧ください。
 (土台布1枚を、布パネフレームの裏側の溝にロープで押し込み固定する形になります。)
⑤布パネフレームの側面のスラッシュキルト部分の縫い目をリッパーなどを使って少しほどき、
 下の写真のようにフレームのきわで生地をカットするときれいに仕上がります。

【かかる時間目安】 1日以上かかる

クロバー(株) 布パネフレームセット<30×30>・<3 
クロバー(株) シーチング生地 
クロバー(株) クロバースラッシュカッター 
クロバー(株) カットワークはさみ115 
クロバー(株) ミシン 

キャンパスバッグ

クラシカルバッグ

<LL>でつくる...

ポンポン