タッセルメーカーで作るタッセル飾りのタペストリー

タッセルをたくさん作ってタペストリーにしました。
揺れるフリンジとタッセルが華やかです。
デザイン/パフェプロジェクト東京 佐藤和佳子

①タッセルの下げひもを作ります。
 (f)の糸を70cmにカットし、二つ折りにして輪に近い部分を結び、結び目を作ります。これを13本用意します。
②タッセルを作ります。タッセルメーカー<ラージ>を、10cmサイズのタッセルが作れるようにセットします。
 糸を35回巻き、①で作った下げひもの結び目を埋め込んで中心を結び、後は説明書の通りに仕上げます。
 全部で13個のタッセルを作ります。
③タッセルを木の棒に取り付けます。(c)の糸のタッセルを、棒の中央かつ棒から約30cmの位置に取り付けます。
 このタッセルを基準に、外側のタッセルが3cmずつ上にくるように下げひもの長さを調節して、
 全体がV字型になるように全てのタッセルを取り付けます。
 タッセルの位置が決まったら、木の棒と下げひもを少量のボンドで固定します。
④かぎ針を使って、(e)の糸でスレッドコードを編みます。
 スレッドコードは木の棒よりも約10cm長く編みます。
 ※スレッドコードの編み方は2ページ目にあります。
⑤(a)、(e)、(f)の糸をフリンジ用にカットします。糸は全て1mずつカットします。
 使用する本数は④のスレッドコードの長さによって変わりますが、見本作品では(a)22本、
 (e)・(f)各44本使用しています。
⑥スレッドコードにフリンジを付けていきます。(e)・(f)の糸はセットで使うので、2本一緒に持って二つ折りに
 します。(a)の糸は1本で二つ折りにします。
 スレッドコードの端を約3cm残して、編み目(くさりの頭2本)にかぎ針を入れます。
 二つ折りにした(e)・(f)の糸の折り目の部分を数センチ引き出し、輪の中に糸端を入れ、引き締めます。
 同様に、スレッドコードの隣の目に(a)の糸を取り付け、さらにその隣に(e)・(f)の糸を取り付けます。
 このスレッドコード3目分を1セットとし、次のセットを取り付けるときには1目あけます。
 これをスレッドコードの端が約3cm残るまで繰り返します。
⑦フリンジを全て取り付けたら、スレッドコードが直線になるようにテーブルの上に置き、
 フリンジの長さを切りそろえます(40~48cm程度でお好みの長さ

【かかる時間目安】 3時間~6時間でつくれる

 合太程度の手編み糸(サマーヤーン) 
 木の棒 
クロバー(株) タッセルメーカー<ラージ> 
クロバー(株) カットワークはさみ115 
クロバー(株) かぎ針「アミュレ」5/0号 
クロバー(株) クロバーボンド手芸用 

キャンパスバッグ

クラシカルバッグ

<LL>でつくる...

ポンポン