スラッシュキルトのペタンコバッグ

スラッシュキルトとは、生地を数枚重ねて、ミシンでバイアス方向に縫い目を入れ、
一番下の生地だけ残して縫い目の間をカットし、洗って切り口を起毛させる技法です。
美しい色の重なりと優しい風合いが魅力です。
模様布で柄をだして、手軽に持てるバッグに仕立てました。

作品制作/落合昭子・山口美和(パフェプロジェクト東京)

【1】スラッシュキルトを作ります。
①模様布を準備します。型紙を作り、18枚カットします。
②布は、土台布、シーチング2枚、表布、模様布の順に重ねます。
 模様布は布用スティックボンドで仮止めします。
③7mm幅で45°線を引き、ミシンをかけ、スラッシュカッターで土台布以外をカットします。
④大きめのネットに入れて、洗濯機に10~20分かけます。
→起毛が足りない時は、洗濯時間を増やすか、生乾きの時にたわしで表面をこすって起毛させます。
⑤よく乾かして、スラッシュキルトの完成です。 
【2】バッグに仕立てます。
①スラッシュキルトの形を整え、カットします。
②中表に折り、両脇をミシンで縫います。 
③土台布と同じ布で、3.5cm×27cmの脇布を2枚準備し、
 テープメーカー18mmに通しておきます。
④脇のぬいしろを9mmに切りそろえ、③のテープでくるんで始末します。
⑤表布と同じ布(デニム)で、6cm×25cmの口布を2枚準備します。
⑥中表に合わせて、ぬいしろ1cmで両脇を縫います。 
⑦持ち手をはさんで、口布をかぶせ、ぬいしろ1cmでミシンで縫います。
 持ち手をはさんだ部分は返し縫いをします。 
⑧口布を返して、1cm折り込み、まつり縫いして完成です。

【かかる時間目安】 1日以上かかる

 柄布、シーチング、デニム、模様布 
クロバー(株) スラッシュカッター 
クロバー(株) カットワークはさみ 
クロバー(株) 布用スティックボンド 
クロバー(株) テープメーカー18mm 
 ミシン 

キャンパスバッグ

クラシカルバッグ

<LL>でつくる...

ポンポン