テープメーカーでつくるメッシュワークのポーチ

メッシュワークとは、布テープやリボンなどを組んで模様を楽しむキルトです。
整然と並んだ幾何学模様が美しく、布の組み合わせや組む順序で、柄のバリエーションが楽しめます。
3種類のカットクロスを使ってポーチに仕立てました。

作品制作/落合昭子・岡本さつき(パフェプロジェクト東京)

1)メッシュワークします。
①メッシュワーク用のテープをロータリーカッターでカットし(布目に沿って切る)、
 テープメーカーW12mm に5mmの熱接着テープと通して、熱接着テープ付きの布テープを作ります。
②土台布に60°のガイド線と出来上がり線を引いておきます。
 ピンが刺せる台(アイロン台やしっかりした段ボールなど)の上に配置します。
③まず縦にテープをABCの順に隙間なく並べて、待針で土台にとめます。
④次にテープを右から左下に、60°のガイド線に沿ってABCの順にひも通しを使ってテープを組みます。
 ガイド線が見にくい時はストリップ定規の60°線で確認しながら組んで行きます。
 下図の様に、通すテープと同じ色のテープの上を通り、違う色の2本のテープの下を通ります。
⑤さらに右下から左上にACBの順にテープを組みます。
 縦の同じ色のテープとその両側に出ているひし形に出ている④で組んだテープの下を通ります。
⑥出来上がり線の内側部分が組み上がったら、アイロンで土台布に接着し、メッシュワークの完成です。 
2)ポーチに仕立てます。
①土台布裏にポーチの出来上がり線を写し、その外側2cmをしつけ糸でとめます。
②35mm幅のバイアステープをカットし、テープメーカー18mmに通します(熱接着両面テープは不要)。約100cm用意します。
③ポーチの出来上がり線にバイアステープをミシンでぐるりと縫いつけ、ぬいしろを9mm にカットします。
④ぬいしろをくるむようにバイアステープを折り込み、まつりぬいします。
⑤中表に半分に折り、両脇をファスナー付け止まりまで、表にひびかないよう細かく巻きかがりします。
 糸が表に出ないように星止めと千鳥がけでファスナーをつけます。
⑥まちを縫って完成です。

【かかる時間目安】 1日以上かかる

 カットクロス 
 ファスナー 
クロバー(株) クロバーロータリーカッター 
クロバー(株) ストリップ定規 
クロバー(株) カッティングマット 
クロバー(株) テープメーカーW 12mm 
クロバー(株) NEW パッチワーク こて 

キャンパスバッグ

クラシカルバッグ

<LL>でつくる...

ポンポン