「匠」棒針で編むあみぐるみ おすわりねこ

セーターを着た姿が可愛らしいねこのあみぐるみです。
あみぐるみといえばかぎ針をイメージされる方も多いかと思いますが、
こちらの作品は棒針(2本針)を使って作ります。
全てのパーツを平編みで編み、後から縫い合わせて立体にしていきます。
デザイン/石井幸代

①ボディー、頭、耳、足、うで、しっぽのパーツを編み図を参考に編みます。
 全てのパーツで、最後の段を編んだら糸を切り、最後の段の目に通して絞ります。
②セーターを編み図を参考に編みます。まず前身ごろと後身ごろを編み、肩を縫いますが、
 片方は首まで縫い合わさず、肩の端を止める程度にしておきます(⑤であみぐるみ本体
 に着せるため)。袖は身ごろから 20 目拾います。
③①で編んだパーツを組み立てます。
④顔を作ります。アイラインにしたいところをぐしぬいして糸を引き、
 くぼみをつけます。手縫い糸と縫い針を使って目ビーズをつけ、
 鼻とひげを〔e〕の毛糸で刺繍します(とじ針を使います)。
 顔が出来たら頭をボディに縫い付けます。
⑤セーターを着せます。セーターの脇、袖下を縫い、ねこに着せて肩を縫います。
⑥しっぽを付けます。しっぽを編み終わりから縫い合わせ、時々綿を詰めながら
 作り目までのところまで縫います。しっぽを体に縫い付けて完成です。

【かかる時間目安】 1日以上かかる

 中細~合太毛糸 
 中細毛糸 
クロバー(株) 「匠」ミニ棒針2本針(23cm) 5号、 
クロバー(株) とじ針No.18 
クロバー(株) 段数マーカー 
クロバー(株)  

キャンパスバッグ

クラシカルバッグ

<LL>でつくる...

ポンポン