ストリングボードフリーデザイン サボテンのストリングボード

ストリングボード フリーデザインを使ってサボテン(CACTUS)のストリングボードを作ります。
糸がゆるまないようにピンと張りながら釘にかけます。釘の頭の下に糸を張り、アートが浮き出るようにします。
作品は付属のケースに入れて飾れます。

①付属のトレース用紙をデザイン図の枠に合わせて上に置き、マスキングテープ(またはセロハンテープ) でとめます。しるし(●)は簡単に●を描いて写し、縁取りの実線も写します。
②デザインを写したトレース用紙をはずし、ベースにマスキングテープ( またはセロハンテープ) でとめます。説明書 の通りにしてしるしに釘を刺し、トレース用紙を外します。
③黄色の糸を1mカットしてサボテンの外側のアウトラインを作ります。左図の釘1( スタート) に糸端を6cm くらい残して糸を2回結び、釘2 に時計回りに糸をかけます。次に釘3に時計回りに糸をかけます。このようにして順にアウトラインの釘1本ずつに時計回りに糸をかけていき、1周してスタートの釘1に戻り、時計回りに糸をかけてから糸端と2 回結び合わせ、余分な糸を切ります。
④緑の糸を全部使ってサボテンの内側をランダムに埋めます。
⑤黄色の糸を1mカットしてサボテンの内側のアウトラインを作ります。
⑥サボテンの内側のタテのスジを3 つ作ります。黄色の糸50cm3本カットします。まず左側のスジを作ります。
⑦アルファベットを作ります。オレンジ60cm2 本、赤60cm2 本、紫60cm1 本、水色60cm1 本をカットします。
⑧左のC を作ります。オレンジの糸を半分に折り、30cm の2 本取りにします。
⑨同様にして2 本取りにした糸で、下記の順序で糸をかけてアルファベットを作ります。
⑩ベースに直接ぐるぐると糸をまきつけて、「空」と「大地」を作ります。
⑪紫の糸でサボテンのお花を作ります。結ぶための糸を20cm カットします。
3×5cm の厚紙を準備して残りの糸を巻きつけます。ループの形を保ったまま、巻いた糸を厚紙から外します。ループの中心を最初にカットした20cm の糸で2 回巻き、しっかりと2 回結びます。両端のループの「わ」をはさみでカットして、お花にします。
※詳しくはPDFの作り方をご覧ください。

【かかる時間目安】 1時間~3時間でつくれる

クロバー(株) ストリングボード フリーデザイン 
   

キャンパスバッグ

クラシカルバッグ

<LL>でつくる...

ポンポン