チェーンアイゼンケース

冬の低山では必携の、靴に装着するチェーンアイゼンを収納して、ザックのサイドのハーネスに装着できるケースです。
金属の尖った道具を収納するということで、生地は薄手のナイロン生地を2枚合わせでキルトのようにステッチで縫い合わせてから型紙に合わせて裁断しました。
明きは30cmのファスナーなので、手袋を付けている冬山でも出し入れが楽です。

ザックに装着した際に、揺れないようにベルトを左右(装着時上下)の2か所で固定できるように設置しました。
山歩きする人には分かると思いますが、ブラブラさせていると枝や岩などに引っ掛かって危ないんですよね。
また下山後も泥汚れを隠せるのでバスや電車でも気まずくないです。

 ナイロンの生地 幅140cmぐらい 1.5mぐらい
 JUKI SPUR 98 Special 
 JUKI MO-523 (ロック)  

トレッキングポー...

手縫いの鉛筆入れ

指リリアン編みの...

ビーズ織のブレス...