正三角形でつくるスマホケース

できあがりサイズ: 約横10cm×高さ16cm(持ち手含まず)
作り方によってサイズは多少異なることがあります。

【かかる時間目安】 1時間~3時間でつくれる

その他のメーカー・お店 布(ピース用)約8×7cm 13枚
その他のメーカー・お店 布(表用)約34×10cm 1枚
その他のメーカー・お店 布(縁布用)約25×3.5cm 1枚
その他のメーカー・お店 布(裏用)約35×14cm 1枚
その他のメーカー・お店 キルト綿 約35×14cm 1枚
その他のメーカー・お店 ナスカン付き持ち手 1本
その他のメーカー・お店 テープなど 
その他のメーカー・お店 コードなど 
その他のメーカー・お店 ボタン 1個
その他のメーカー・お店 縫い針 
その他のメーカー・お店 待ち針 
その他のメーカー・お店 はさみ 
その他のメーカー・お店 キルターペンシルまたはチャコエース 
その他のメーカー・お店 アイロン 
その他のメーカー・お店 シンブル 
(株)KAWAGUCHI パターンスタンプ(80-858)正三角形 

no-image

1

生地の裏側にパターンスタンプを使って印つけをします。型紙を使う場合はキルターペンシルなどで型紙のきわをなぞって布に描き、その後縫い代(0.7cm)を描き足します。

2

布を図のようにカットします。
すべての生地をカットしたら縮小図案を参照し、ピースを表向きに並べてレイアウトを確認します。

3

Aのピースを中表に合わせて、角と合印に待ち針をうち、縫い合わせます。ピースを開いて縫い代を(→)の方向にたおし、アイロンを当てます。
13枚のピースを全て縫い合わせます。

4

3.とBを中表に合わせて、角と合印に待ち針をうち、縫い合わせます。ピースを開いて縫い代を(→)の方向にたおし、アイロンを当てます。
Bの大きさに合わせて、3.の両端をカットします。

5

裏布、キルト綿、トップの順に重ねて、中央から放射線状にしつけをかけます。

6

縮小図案を参照してキルティングをします。

7

キルトのしつけをはずし、中表に半分に折ります。裏布、キルト綿を縫わないように、トップのみ両端を縫います。

8

トップの縫い代を片倒しにし、キルト綿をトップの大きさに合わせてカットします。

9

裏布をひろげ、口側をトップの大きさに合わせてカットします。両端はトップの大きさに合わせて内側に折り、コの字閉じで縫い閉じます。

10

テープなどを半分にカットします。表に返し、図のようにテープ、コードなどを仮止めします。

11

口の部分を、図のように縁布でパイピングします。

12

表に返します。ボタンを縫い付け、両サイドのテープなどを上向きに縫い付けます。
持ち手をつけてできあがりです。

パッチワークのテ...

かんたんポケット...

NUNO DEC...

プライヤー×ミニ...